2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタジアムでゴルフ?

どうも!東京オリンピックまで1267日です!

毎年書いているかもしれません。でも書かせて下さい!

現在アメリカで行われているゴルフのフェニックス・オープン。ここのコースの16番ショートホールはスタンドに囲まれています。別名「ザ・スタジアム」。15,000人以上が入ります。

参考動画
http://movie.golfdigest.co.jp/video?id=5305746574001

ゴルフの常識を覆す仕掛けです。歴史、伝統、業界内のルールや常識、あると思います。でもこれらを尊重しつつ新しい事をやらないと、生き残っていけないのでしょう。

『最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き延びるでもない。
唯一生き残るのは、変化できる者である』

チャールズ・ダーウィン (イギリスの自然科学者)



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】


スポンサーサイト

アスリートの引退後の就職

どうも!東京オリンピックまで1268日です!

先日、2008年北京、16年リオデジャネイロ両五輪に出場した競泳女子の山口美咲さん(27)が、就職支援制度「アスナビNEXT」を利用して、高級リゾート施設を全国展開する星野リゾート(長野県軽井沢町)に入社が決まったというニュースをみました。

競泳の山口さんが就職=引退後のキャリア支援制度-JOC
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017013000671&g=spo

これ自体は素晴らしい事だと思います。是非頑張ってもらいたいと思います。

ただし、問題はここからです。JOCが運営する就職支援制度「アスナビNEXT」は昨年4月から運用を開始して、山口さんが初めての採用決定者との事です。運用開始から約1年で一人しか採用が決まっていないのです。ここにこの問題の難しさが現れているように思います。引退選手に職を紹介する制度自体はあっても良いと思いますが、現役アスリートへのキャリア教育やそのずっと前の少年期のコーチ教育をしていかなければこの問題は解決しません。

この問題に関して以前にも色々と書いているので、下記をご参照ください。

http://norimoto.blog46.fc2.com/blog-category-12.html



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】







推薦図書:スポーツマネジメント論 アメリカの大学スポーツビジネスに学ぶ

どうも!東京オリンピックまで1340日です!

日本でも大学スポーツのビジネス化が議論されるようになりました。その背景の一つには「アメリカの大学スポーツはえらく儲けてるらしいな。日本でも出来ないかい?」という発想にあると思います。正直、アメリカの大学スポーツビジネスの仕組みをそのまま日本に持ってくるのは難しいように感じています。ただ、大学スポーツを様々な面で改革していくことは、日本のスポーツの価値の向上に繋がる事は間違いないと思います。

そこで、まずはアメリカの大学スポーツビジネスを学ぶ必要があります。今回ご紹介するのは吉田良治著「スポーツマネジメント論 アメリカの大学スポーツビジネスに学ぶ」です。

大学スポーツビジネスとプロスポーツビジネスが一緒に語られていたり、同じことが重複して書かれていたり、少しまとまりが悪い印象もありますが、情報としては興味深いものうがたくさんあります。

まずは真の文武両道を実現していけるようにすることが大事ではないかと感じています。そして、多くの元アスリートが社会に出て様々な方面で活躍出来る環境が出来れば、大学スポーツの価値も向上するのではないでしょうか。

是非、ご一読を!






スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】





テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

少子化の中、少年少女スポーツ団体はどのようにしたら子どもを集められるか

どうも!東京オリンピックまで1341日です!

先日、長崎県スポーツコミッションが主催する「長崎県スポーツマネジメント人材育成講座」にてスポーツ業界のトレンドについてお話をしてきました。

会終了後に個別で「少年団の子ども集めに苦労している」というお話を頂きました。私の答えは明確です。それはアスリートの「共有」です。つまり、一人の子どもに複数のスポーツをすることを許す事です。もちろん色々なハードルがあることは分かっているつもりです。それでも、物理的な人数が少なくなっていく以上、何か手を打たないとただ競技人口が減っていくのを指をくわえてみているだけになってしまいます。現場レベルで競技団体同士が話し合いをして、一人の子どもが複数のスポーツに触れられる機会を増やしてあげることが、子どもにとっても、競技団体にとっても、日本のスポーツ業界にとってもプラスになると思います。

今期、12月にもう1回長崎で講義します。長崎の皆様、よろしくお願いいたします。全国行きますので、是非、お声掛け頂ければ幸いです!



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】





スポーツ庁:スタジアム・アリーナ改革指針

どうも!東京オリンピックまで1346日です!

最近サボってました!本日、スポーツ庁より、スタジアム・アリーナ改革指針という資料が出ました。関係者、また、興味のある方は是非ご覧ください!

http://www.mext.go.jp/sports/b_menu/shingi/008_index/toushin/1379557.htm

スポーツ界は少しずつですが、変わってます!



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】




次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。