2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロ野球裏金問題~アマに正々堂々とお金を渡しましょう~

プロ野球裏金問題。今後どの様な決着を見せるのでしょうか?過去の事はうやむやになっていくのでしょうか?私の個人的な意見は、「うやむやにすべき」、です。過去の事が全て明るみに出たら、プロ野球、そして野球界全体が機能不全に陥ると思います。表に出てはいけない秘密の部分というのはどの世界にもあります。

さて、もう少し建設的な話をしましょう。今回の問題点として色々な事が挙げられますが、アマ側の視点に立った話を少ししたいと思います。現状の日本で、野球の監督やコーチだけで生計を立てている方というのは本当に少ないのではないでしょうか?多くの高校野球や中学野球の監督さんは本業(多くの場合が教師)を持っていて、ボランティアで監督をやっておられると思います。

多くの方がもうお気づきだとは思いますが、ボランティアで教えるということには限界があります。よっぽどの聖人でない限り「こんなにも生徒に尽くしているのに、何でただなんだよ」と思っていらっしゃると思います。そう思っている監督さんに球団が近づいて来て、「現金をあげるから、○○選手、うちに入るように説得してよ」と言われたらなびくと思いませんか?

この議論とは少し逸れるかもしれませんが、報酬のもらえるような監督やコーチが増えてくることは日本のスポーツを活性化する方策の一つではないかと考えています。(報酬の原資をどうするかという大きな問題はありますが・・・)

さて、話を戻すと、プロ野球からアマに表からお金が流れる仕組みを作れないでしょうか?例えば、ドラフト指名後、過去5年間在籍していたチームに1年につき100万円払うなどのシステムです。この例で行けば、高校生をドラフトしたら球団は出身高校に300万、出身のリトルリーグに200万払うことになります。出身高校はこのお金で照明をつけたり、バスを買ったり出来るのではないでしょうか?

まあ、これで裏金問題が解決されるとは思いませんが、少しは野球の監督やコーチとして活動するインセンティブは働くのではないかと思います。
スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。