2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ!!東出!!:プロ野球セカンドキャリアへの新しい風

久しぶりにブログらしい、ブログを書きます。

広島カープの東出選手(27)が早稲田大学の通信教育課程に合格しました。4月からは大学生のプロ野球選手という事になるようです。

http://sports.yahoo.co.jp/news/20080131-00000022-dal-base.html

嬉しいニュースじゃありませんか!!前にも紹介しましたが、スポーツマネジメントレビューで中西哲夫氏が、現役時代から引退後の準備をしていたという話をしておりましたが、まさにその通りだと思います。

日本のスポーツ界では「ダブルキャリア」の考え方が無いと思います。現役の時はスポーツさえしておけば良い、という考えがまだまだ根強いのではないでしょうか。ただし、マイナースポーツをされている一流選手の中には社会人としても選手としても頑張っていらっしゃる方も多くいらっしゃるのも事実です。

現実問題として、現役でいられる時期というのは限られていますので、スポーツが出来なくなってから何をするかを考えるのは早ければ早いほどいいのではないでしょうか。この辺の問題意識を選手の「周りの人達」が選手に植え付けることが出来るかどうかがこの問題を解決する一つの鍵になってくるのではないかと思っています。

「周りの人達」=両親、親戚、小・中・高・大学の監督・コーチ(指導者)、先生、OB、エージェント、取り巻き、ブレーンとなる人等等、

とにもかくにも、東出選手の今後に注目です!!また、東出選手に続く選手もドンドン出て来てくれればと思います。
スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。