2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完璧の果てに・・・

最近おもふところを書きます。

日本の世の中、完璧を求め過ぎてないか?特にサービスに関して。確かにお金を頂いている以上、最高のサービスを提供しないといけません。それは理解します。でも、本当に細部まで行き届いたサービスを提供出来るのは一部の資本があり、人員も多くいる大企業に限られると思います。

私の様な中小企業に大企業と同じサービスの質を求められてもそれをクリアするのは非常に困難です。もちろん、そこを目指さないといけないのかもかも知れませんが、そこは正直難しいです。

日本人の要求水準が高くなればなるほど、企業への要求水準も高くなり、それを叶えようとするとベンチャー企業は苦しくなる。そうすると新しい産業が勃発しにくくなり、日本の経済が停滞する。というような、悪循環に陥るのではないかと思うのは私だけだろうか?

もちろん、私達も最高のものを提供する努力はするし、中小企業のメリットというものもあるが、世間の要求水準が高ければ高いほど、ベンチャーには厳しいような気がします。

私は甘いのか?

スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。