2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書籍紹介:「プロ野球選手のデータ分析」

「プロ野球選手のデータ分析」

著者:中山悌一(元阪神タイガース一軍トレーニングコーチ・立命館大学客員研究員)

B5判 264ページ 定価3,000円+税



プロ野球の選手に関するデータ(生まれ月、出身地、右投げ左投げの比率、左右のどちらで打つか、身長や体重、バットスイングのスピードなど)を収集し、さまざまな角度からの分析を試みています。月刊トレーニング・ジャーナルにて2011年3月号まで連載された中山氏による研究の集大成です。

[目次]
第1部
第1章 体格の推移(1950~2007年)
第2章 投球側と打撃様式の推移(1950~2007年)
第3章 生まれ月の特徴(1950~2007年)
第4章 出身地別特徴
第5章 プロ野球選手の学歴
第6章 日本人・外国人選手の比較

第2部
第7章 フィジカルサポート
第8章 形態
第9章 形態と生涯成績の関係
第10章 体重・体脂肪率の変化
第11章 体力
第12章 体力測定値と生涯成績の関係
第13章 スポーツ外傷・障害
第14章 バットスイング速度
付 章 プロ野球界で実施されたユニークな自主トレーニングと講習会

スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。