FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

「やらなくてはいけないこと」と「やりたいこと」

「やりたい事が出来る人は幸せ度が高い」と良く言われます。それはその通りだと思います。

ただし、人には「やらなくてはいけない事」もあります。「やらなくてはいけない事」あるいは「やらなくてはいけないと思っている事」をこなすのが精一杯で本当にやりたい事が出来ない、という人がいるかもしれません。「本当はこれじゃなくて、こんな事がしたいけど、今は出来ない」となります。

最近、好きな事を仕事にするという事を考え始めて、凄く単純な事に気づきました。それは、「やりたい事をやるには、まず、やらなければならない事をしっかりと片づける必要がある」という事です。

これは「タイムマネジメント」と「仕事の処理能力」に関わってくる問題だと思いますが、まず、やりたい事をする時間を確保する必要があります。そのためには、まず、「やらなくてはいけない事」や「やらなくてはいけないと思っている事」でやる必要のないものをやらずに時間を作るか、あるいは、これらを如何に効率的に確実に仕上げていくかを考えなければなりません。そうすると、おのずと集中力を養えたり、仕事の進め方がうまくなっていきます。

また、やりたくない事を他人に任せる事により、自分はやりたい事に集中する方法もあります。(お手伝いさんを雇うとか、従業員をやとうとか)

そして、その空いた時間で「やりたい事」あるいは「やりたい事への準備」をします。すると、効率化されたがゆえに「やらなければならない事」が減り、更に、やりたい事をやっている事により、「やらなければならない事」が減ってきます。これを続けていくと結果的に「やりたい事が出来る人生」になっていくのではないかと思います。

時々、やりたい事ばかりやっていていいな、と思える人を見かけます。では、この人は特にやりたくもないけど「やらなくてはならない事」をやっていないと思いますか?そんなことはないでしょう。いくら好きな事をやっている人でも必ず「やらなければならない事」があるはずです。ようは、その割合の問題だと思います。やりたい事をやる時間を如何に増やすか?という事が幸せの度合いに関わってくるのだと思います。

別の見方をすると、「やらなければならない事」を「やりたい事」に変えてしまう方法もあるかもしれません。この方法は子供に何かをやらせるときに使う手法ですね。その手法を自分にも使ってみてはどうでしょうか?

とにかく、「やりたい事が出来ない!」と嘆くより、「やらなければならない事」をまず一斉に片付けましょう!

また、「やりたい事が見つからない」人は、「今やらなければならない事」を一生懸命やりましょう!そうすることにより新しい「何か」が見えてくるはずです。

「やりたい事が出来たら幸せ」というのはもしかしたら妄想かもしれません。ある日突然、その状態になることはまずないと思います。本当の幸せを求めるのであれば、「やらなければならない事」をやっつけながら、やりたい事を模索し続けるしかない様に思います。

自戒も込めて。



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ