FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

先週の動き:セイバーメトリクスセミナーに参加して

メルマガの第6号が発刊されました!

河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

第6号
目次:
1 スポーツ業界の歩き方 ~原体験 その6~
2 厳選!「気になる記事」
3 先週の動き:セイバーメトリクスセミナーに参加して
4 編集後記
5 Q&Aに関して

下記、内容を少しご紹介します。


■ 先週の動き:セイバーメトリクスセミナーに参加して

去る、10月10日、お台場ビックサイトで開催されていた「ITpro EXPO 2012」内のセミナー、「ビッグデータが加速させる野球の構造理解 ~セイバーメトリクスによる分析範囲の拡大」というセミナーに参加して来ました。

http://itpro.nikkeibp.co.jp/expo/2012/forum/view.html?c=P116

皆さんはセイバーメトリクスをご存知ですか?

セイバーメトリクスは、野球ライターで野球史研究家・野球統計の専門家でもあるビル・ジェームズが趣味で始めたものを1977年に発表した概念です。『メジャーリーグの数理科学(原題Curve Ball)』はセイバーメトリクスについてわかりやすく解説している書籍です。弊社で運営するSPORTS JOBNETWORKでも紹介している書籍ですので、もし、興味があれば是非!

http://www.sjn.bz/

この概念では、今までの、打率や防御率という数値では測れない、勝敗に直接的に結びついているデータの解析・分析を行います。書籍、そして、ブラッド・ピットが主演した事でも日本で話題になった映画「マネーボール」の原型の世界です。映画、本ともに観て、読んで下さい。今回の講演では、セイバーメトリクスには「野球の構造を解明する事」「選手の価値評価」「選手の将来予測」といった意義があるとおっしゃっていました。

この考え方は、ビル・ジェームス氏が趣味で行っていた研究で、1990年代後半までは実際に球団経営に利用される事はありませんでした。この概念は、映画の世界でも描かれていましたが、「野球人」には受け入れがたい概念です。野球は生身の人間がプレーするもので、データ通りにはいかないと・・・アメリカですらこのような考え方なので、日本ではさらにこれを実用化していくのはハードルが高いのではないでしょうか?実際には日本の球団では、北海道日本ハムファイターズがこの概念を活用していると言われており、結果的にその成果が表れています。

また、実際に勝利に貢献しているのは誰で、どんなプレーなのか、という統計的研究は、サッカーの世界にも波及しているようです。下記の記事は少し前の記事ですが、非常に興味深い記事なので是非読んで下さい。ここでも、現場の監督やスカウトなどから快く思われていない構図が描かれています。

データ革命が欧州サッカーを「野球化」する
http://wired.jp/2011/11/11/%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E9%9D%A9%E5%91%BD%E3%81%8C%E6%AC%A7%E5%B7%9E%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%92%E3%80%8C%E9%87%8E%E7%90%83%E5%8C%96%E3%80%8D%E3%81%99%E3%82%8B_1/

ここまでは書籍で紹介されたり、何となく知っている世界ではありました。しかし、今回このセミナーに参加して、「ポスト・セイバーメトリクス」の世界が既に始まっている事を実感しました。

続きはメルマガで!


留学に必要な語学力をどの様に身に着けたのか、という質問を頂いていたので、これは、次回のメルマガで紹介したいと思います。

今号の 厳選!「気になる記事」では

企業スポーツに関して、スタジアム建設に関して、スポーツマネジメント教育に関して、プロ野球の観客動員に関して

の記事を取り上げています!


河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ