2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハンワールドチャレンジャー3rd に参加して

メルマガの第26号が発刊されました!

河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

第26号
目次:
1 甲子園=古代ローマ・コロッセオ!? 
2 マルハンワールドチャレンジャー3rd に参加して
3 厳選!「気になる記事」
4 書籍紹介「IOC: オリンピックを動かす巨大組織」
5 編集後記
6 Q&Aに関して

マルハンワールドチャレンジャー3rd に参加して の一部を公開します。




■ マルハンワールドチャレンジャー3rd に参加して

http://world-challengers.com/top.html

まさに、原稿締め切りの本日、マルハンワールドチャレンジャー3rd に参加してきましたので、感想も含めて書きたいと思います。

このイベントは、資金難に苦しむアスリートに資金を提供しようという事で、年に1回行われているイベントで、今年で3年目となります。資金難に苦しむアスリートに資金を提供し、チャンスを広げてあげようという趣旨は素晴らしく、また、継続して3年行えているという事実は本当に素晴らしいと思います。

このイベントの意義として、

1 多くのアスリートが資金難により、才能がありながら世界への扉が閉ざされてしまっているという事実を多くの方に知らせる事が出来る。

2 マイナースポーツの世の中へのPRの場の提供。

3 実際に資金を提供している

というものが挙げられると思います。
 
この様な意義があるとはいえ、私は過去2回にも参加して、今回は多少の違和感を覚えざるを得ませんでした。

まず、過去2回でも言われてた事ではありますが、採点評価の難しさです。特に、今回、2位から5位に入った4名のアスリートは全て、オリンピック・パラリンピック競技のアスリートでした。アピールポイントとして「オリンピックでメダルを取りたいです」という言葉はどうしても有利になるのではないかと思っています。

そして、今回、特に気になったのは・・・・

続きはメルマガで!





河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。