2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横断的なスポーツ省が必要だと言っている意味

12月24日、夕刻、皆様如何お過ごしですか? これを書いたらさっさと仕事を離れる私ですが、とにかくこの事は書きたいので一気に行きます!

本日この記事を発見したのでまずはご紹介します。

健康作り励む人、金券もらえるポイント制導入へ

総務省と厚生労働省は、健康作りに励んだ人が割引券や金券に交換できるポイントをもらえるモデル事業を2014年度から始める。

生活習慣病を予防して、医療費を抑える狙いがある。

複数の健康保険組合や市町村国保の加入者約100万人が対象となる。希望者に、通信機能を持つ体重計やスマートフォンと連動する歩数計を使ってもらう。このデータを、健保組合が持つ加入者の健康データと突き合わせて、健康状態が改善していれば「ヘルスケアポイント」を与える。

ポイントは、地元の商店で使える金券や割引券と交換できるようにする。

(2013年12月23日19時28分 読売新聞)

以上、引用

私は、著書「スポーツ業界の歩き方」の中でも書いた通り、スポーツの価値の横断的な提供が出来るスポーツ省の設立をうったえ続けています。上記の記事の内容の政策が実施されてしまう事は、まさに私がこの事をうったえ続けている理由なのです。この事業を担うのは「総務省と厚生労働省」です。スポーツを司る文部科学省ではありません。「健康」というテーマと「スポーツ」というテーマの関連性は誰がみても明らかなはずです。この施策を「スポーツ抜き」で行う事に強い違和感を感じます。せめて、ここに文科省も加わるとか、今度発足するであろう、スポーツ庁も加わる事を検討するとか、出来ないものだろうか?

地域の健康の担い手として総合型地域スポーツクラブを活用する手も大いにあるはずです。しかし、現状ここは文科省傘下であり、上記の施策では蚊帳の外です。それでは、総合型地域スポーツクラブの存在意義が半減どころか、ほとんど意味をなさなくなります。

政治家の皆さん、お役人の皆さん、もっと大局的にスポーツを捉えましょう。釈迦に説法ですが、ここに平成23年8月24日から施行されたスポーツ基本法の前文を載せます。(今回重要と思われるところは赤字にします!念のため)

スポーツ基本法前文

スポーツは、世界共通の人類の文化である。

スポーツは、心身の健全な発達、健康及び体力の保持増進、精神的な充足感の獲得、自律心その他の精神の涵(かん)養等のために個人又は集団で行われる運動競技その他の身体活動であり、今日、国民が生涯にわたり心身ともに健康で文化的な生活を営む上で不可欠のものとなっている。スポーツを通じて幸福で豊かな生活を営むことは、全ての人々の権利であり、全ての国民がその自発性の下に、各々の関心、適性等に応じて、安全かつ公正な環境の下で日常的にスポーツに親しみ、スポーツを楽しみ、又はスポーツを支える活動に参画することのできる機会が確保されなければならない。

スポーツは、次代を担う青少年の体力を向上させるとともに、他者を尊重しこれと協同する精神、公正さと規律を尊ぶ態度や克己心を培い、実践的な思考力や判断力を育む等人格の形成に大きな影響を及ぼすものである。

また、スポーツは、人と人との交流及び地域と地域との交流を促進し、地域の一体感や活力を醸成するものであり、人間関係の希薄化等の問題を抱える地域社会の再生に寄与するものである。さらに、スポーツは、心身の健康の保持増進にも重要な役割を果たすものであり、健康で活力に満ちた長寿社会の実現に不可欠である。

スポーツ選手の不断の努力は、人間の可能性の極限を追求する有意義な営みであり、こうした努力に基づく国際競技大会における日本人選手の活躍は、国民に誇りと喜び、夢と感動を与え、国民のスポーツへの関心を高めるものである。これらを通じて、スポーツは、我が国社会に活力を生み出し、国民経済の発展に広く寄与するものである。また、スポーツの国際的な交流や貢献が、国際相互理解を促進し、国際平和に大きく貢献するなど、スポーツは、我が国の国際的地位の向上にも極めて重要な役割を果たすものである。

そして、地域におけるスポーツを推進する中から優れたスポーツ選手が育まれ、そのスポーツ選手が地域におけるスポーツの推進に寄与することは、スポーツに係る多様な主体の連携と協働による我が国のスポーツの発展を支える好循環をもたらすものである。

このような国民生活における多面にわたるスポーツの果たす役割の重要性に鑑み、スポーツ立国を実現することは、二十一世紀の我が国の発展のために不可欠な重要課題である。

ここに、スポーツ立国の実現を目指し、国家戦略として、スポーツに関する施策を総合的かつ計画的に推進するため、この法律を制定する。

以上、転記

メリークリスマス!


スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。