2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有名高校生アスリートほど「宿題終わった」と発言して欲しい

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1788日です。

16歳の陸上選手、サニブラウンの記事が掲載されていましたが、一つ気になる事がありました。

夏休みの宿題については「何もやってないです」と苦笑いしていた。(日刊スポーツ)

という記載がありました。スポーツの価値を高めるためにこの部分は必要無かったような気がします。

メディアの扱いもそうですが、アスリート自身も「宿舎に宿題持ち込んでほとんど終わらせました!」と発言してくれるような文武両道アスリートが出てきてくれることが日本のスポーツの価値を向上させるのだと思います。協会も代表に連れて行くけど、宿題をしっかりとやる事、と条件を付けるくらいの事をしても良いのではないでしょうか?



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。