FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

アメリカでの生活(2)

さて、海外生活でなくてはならないものは「手紙」です。今はネットも普及して、自分の言語で世界のどこへでもメールを出せるようになって来ました。しかし、私が留学していた1996年頃はまだネットが出始めの頃。学校のコンピューターからでは日本語も読めず、書くことも出来ませんでした。また、日本の友達でもメールを使うことが出来る人も限られた人数でした。

寮の自分のメールボックスに何か入ってないなーと覗くのが本当に一日の最大といってもいいくらいの楽しみでした。手紙が入ってるときは大はしゃぎ。時には紙切れみたいなモノが入っています。これは大きな荷物が来たときのお知らせ。紙切れと荷物をフロントで交換してもらいます。親から送って来たカップ麺やNUMBERなどの雑誌。うーん、最高!!

手紙で涙したことも何度もあります。送って下さった方々、本当にありがとうございました。特に印象に残っている手紙のエピソードを一つだけご紹介します。

私の最初の学期、前にも書きましたが、「解剖学」と「生理学」を両方とも88点以上取らないといけませんでした。ところが、解剖学で4つしかないテストのその第一回目で68点というとんでもない成績を取ってしまいました。もともと、勉強もそんなにしたことないし、頭も決していいほうではないし、英語で受ける初めての授業だし。この、解剖学の成績は4回のテストの平均がそのまま成績として現れます。ということは、後3回のテストで、平均94点を取らないと退学・・・もう頭が真っ白になりました。友達には大きいこと言ってアメリカ来てるし・・・母親は「いつでも帰ってきなさい」なんてのんきな事を言っていましたが、その言葉が頭をよぎりました。半年もたたずに夢破れて帰国か・・・

その状態で寮について無意識に寮の郵便受けをチェックするとそこに一通手紙が来てるではありませんか!!大学時代、一緒に走っていた陸上部の親友からの手紙です。私は部屋にも帰らず、寮のフロントで開封し、読み始めました。内容はあまり覚えていないのですが、その場で私は泣いていました。自分が情けなくて、悔しくて・・・応援してくれる人がいるのに、俺は何をやっているのだろうと。

その後、解剖学の2回目のテストで何と100点を取り、3回目、4回も無難にクリアし、見事解剖学も生理学も標準点をクリア、晴れて次の学期に進むことが出来たのでした。この最初の一学期の経験が自分にかなりの自信を与えてくれたと思っています。あの手紙があの日に届いていなかったら僕の人生も大きく変わっていたかもしれません。

続く
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/10-2d150293
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)