FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

サッカー日本代表専属シェフ 西芳照さんのお話

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1950日です。

昨日、原宿でラテンの熱い空気を味わえるカフェ「Futbol&Cafe mf」にて行われた、『 Talking About Football Vol.028 西芳照 』に参加して来ました!

KIMG0374.jpg

ここ結構、良いゲスト呼んでます。たまにしか行けてませんが、毎回楽しませてもらっています。

さて、今回、サッカー日本代表専属シェフの西さんのお話でした。日本代表のシェフという事もさることながら、西さんは福島県南相馬市出身で、勤務地がJヴィレッジであったため、震災当日もJヴィレッジで勤務されていたという別の側面も持たれた方です。私も記事で何度か読んだのですが、震災後、Jヴィレッジは原発対応の前線基地の役割を担い、西さんは原発作業員に対して食事を提供し続けていました。

非常に辛い経験も多くされてきたであろう西さんですが、前向きで冗談好きな明るい方でした。西さんのお話を聞いて感じたことを幾つか。

・やっぱり、「プロ」は面白い。海外遠征の際、現地で一緒に働く現地の料理人からも学んでいた。学ぶ姿勢が素晴らしい。

・私が常々思っている事を再確認しましたが、とにかく「出来る事をやる」という事を意識してるようでした。

その他、日本代表監督の話、日本代表選手の面白いエピソードも一杯ありましたが、今宵はここまでにしとうございます。

皆がとにかくそれぞれに出来る事をやり切って行く、これが日本を良くしていくことにつながっていくのではないか、と再認識する夜となりました。西さん、そして、主催のmfの皆様、素敵な企画ありがとうございました!

震災復興に関しては本当に色々と難しいですが、是非一度、福島の西さんが経営するレストランにも足を運んでみてください。また、下記、西さんの書籍も是非読んでみてください!

アルパインローズ








【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1036-e43104b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)