2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本のスポーツ文化が発展しない理由、番外編

前回の続きです。

これには土地があまりないという日本の問題も大きく絡んで来ると思うのですが、日本では何をするにも手間とお金がかかります。(特に都市部では)例えば、野球を週末にしようと思ったら、2ヶ月くらい前から予約か抽選をしなくてはなりません。何週間も前から予定を入れないとなりません。朝起きたときに「あー、今日はいい天気だから皆誘って野球でもやるか」なんて事は中々難しいと思います。

もっと手軽にスポーツが出来る環境があればと思います。これも前回述べたような事が起これば少しは改善出来るかも知れません。つまり、人々が平日にもスポーツを楽しめるようになれば、施設の利用時間も分散化され、比較的自由に施設を使えるようになるということです。

多様な働き方が容認され、「オン」と「オフ」がはっきり出来れば、「オフ」産業が一気に盛り上がることでしょう。しかし、これは非常に難しい問題です。社会の雰囲気みたいなものがありますからね。

私が2000年にアメリカから帰国したとき、平日の朝10時に私服でカフェで新聞を読んでいる行為に対して、誰から何を言われたわけではないのに凄い罪悪間みたいなものを感じました。これは明らかに社会の雰囲気ですよね。これを変えるのは難しい・・・
スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/105-9f558304
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もっと気軽にスポーツを

のりもとさんのブログ「日本のスポーツ文化が発展しない理由、番外編 」より -------------------------------------------(中略)日本では何をするにも手間とお金がかかります。(特に都市部では)例えば、 野球を週末にしようと思ったら、2ヶ月くらい前から予約か抽選をし

  • 2006/09/24(日) 00:03:38 |
  • なせばなる。。。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。