FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

新国立:建設費2500億円は圧倒的に高すぎる

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1849日です。

なぜ私は新国立の現行案の白紙撤回を求めているのか?それは2500億円以上と言われる建設費が明らかに高いからです。更に、建設を進めて行く過程でこれよりも高くなる可能性もはらんでいるからです。なぜここまで高くなるのか?皆さんご存知のように現行デザインにある2本の「キールアーチ」と呼ばれるアーチの存在のせいです。このアーチに関しては、またいつか述べるとして、とにかく高いです。今日は2500億という数字がいかに馬鹿げているかを紹介します。

2008年 北京五輪のメインスタジアム、通称「鳥の巣」
4億2300万米ドル(現在1ドル約122円)

2012年 ロンドンオリンピック、メインスタジアム
4億8600万英ポンド(現在1ポンド約192円)

日産スタジアム
約600億円

埼玉スタジアム
約350億円

ガンバの新スタジアム(4万収容)
約140億円

ハイテクスタジアムと呼ばれ、昨年(2014年)米アメフトのフォーティーナイナーズの本拠地、リーバイススタジアム(6.8万収容)
推定約13億ドル

これらと比較していかに高いか認識して頂けましたか?キールアーチをやめれば、絶対にもっと安く造れるはずです。

現行案の白紙撤回を求めて出来る限りの事をしたいと思います。7月14日以下のセミナーを開催します。日韓ワールドカップ時にスタジアムアドバイザーとして、札幌ドーム、大分銀行ドーム、さいたまスタジアムの建設に関わった伊藤庸夫氏をゲストにお迎えし、今一度国立競技場に関して考えてみたいと思います。

どうなるのか?新国立建設問題
◆日時: 7月14日(火)
19:00~21:00(18:45受付開始)
21:00~ そのままの会場で、お飲物、軽食付きの立食式の交流会を開催します。

◆場所: フォトクリエイト 3階セミナールーム(西新宿)

詳細・お申し込みはSPORTS JOB NETWORKへ
http://www.sjn.bz/event.html



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1139-100f8d85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)