FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

高校野球甲子園大会解体!?誰かが犠牲になるまで続けるつもりですか?

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1818日です。

今日も炎上覚悟で、書きます。高校野球の甲子園を頂点とした今の仕組みは変えるべきだと思っています。

甲子園の一番の問題点は子どもたちの健康問題です。熱中症と怪我です。この暑さの中、日中にスポーツを行う事がいかにリスクが高いか、誰が考えても分かると思うのですが、如何でしょうか?リスクを取りたがらない日本人の性質では考えられないほどリスクの高い事を行っています。まあ、日本人は変える事へのリスクや新しい事をするリスクを取らないのですが。

甲子園球場で熱中症に絡む重大な事故が発生するまでこの仕組みを続ける気なのでしょうか?それとも、絶対そんなことは起こらないと思っているのでしょうか?当然、スポーツに怪我や事故のリスクはつきものです。ただし、そのリスクを軽減する役割は大人に課せられていると思います。今のままの大会方式を続ける限り、遅かれ早かれ重大な事故が発生するでしょう。

伝統とか、教育とか、言う方がいるかもしれませんが、子どもたちの命をないがしろにしてまで続ける価値のあるものがこの世の中に存在するのでしょうか?



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】


スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1176-7f37cd61
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)