FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

日本一やさしいプロスポーツビジネスの仕組み解説(8):「満員化」を目指す理由

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1696日です。

プロスポーツビジネスで重要な事の一つに「満員化」というのがあげられます。いかに、会場を満員にするかということです。満員にするメリットはなんでしょうか?

まず、スポンサー企業への見え方です。スポンサーになろうとする企業にとって、ガラガラのスタジアムと満員で盛り上がっているスタジアムとどちらが「よしスポンサーをしよう」と思ってもらえるでしょうか。当然、集まってくる人が多いほど、スポンサーメリットを出すことが可能ですが、4万人の箱に2万人入っているのと、2万人の中に2万人入っているのは人数は同じでも見た目の心象は相当違います。片方は半分「しか」入ってないわけですから。ゆえに、「満員」にすることが重要なのです。

そしてテレビ・写真映りです。放送や報道での見え方も当然満員のスタジアムのほうが良いに決まっています。

さらに、チケットのプレミア感です。売り切れそうなチケットは前売りやシーズンチケットであらかじめ購入します。いつでもチケットが買えると思えば、当日の天気などを確認してから買うでしょう。常に満員になっていれば、「満員になる可能性がある」、「早めにチケットを買う」、「売り切れる」、という好循環が生まれます。そうすれば、雨が降っても、事前にチケットを買った人は会場に行きます。こうなれば、「雨でも応援するサポーター」という現象を起こせるのです。

選手のモチベーションもあるでしょう。満員になれば、選手も普段以上の力を発揮できます。

このようにプロスポーツビジネスでは、当然の事なのですが、満員にすることがいろいろなメリットをもたらします。

私が講師を務める、社会人向けの「塾」でもこの様なお話はしますので、興味のある方は是非ともご参加下さい!1月は15日、22日、29日になります。または、下記、私の著書「スポーツ業界の歩き方」にも書いていますのでご一読下さい。このブログでは、スポーツ業界の歩き方にもう少し肉付けしたものをお届けする予定です。

「塾」詳細:
https://sjn.link/event/detail/id/18



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1296-72872e11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)