FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

日本一やさしいプロスポーツビジネスの仕組み解説(11):試合だけでなく体験を売る

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1686日です。

前回まで
http://norimoto.blog46.fc2.com/blog-category-21.html

昨日も書きましたが、チケット収入の総額は

売れた枚数 × 単価

になります。現在、世界的に、どの様にチケット単価を上げるかを模索しています。単価を上げるには

◎ 球場のリノベーション(新築・改築)が必要なもの
◎ サービスの質を向上するもの

があります。現在、アメリカでは特に「ファン体験」を売ろうとしています。試合そのものを売るというよりは、1日スタジアムやアリーナで過ごしてもらう体験の価値を高めていこうという考え方です。そのためには当然ハード面(施設)とソフト面(サービス)の質の向上が求められます。このように価値が高まると当然単価が上昇していきます。

一方で、チケット価格の高騰は、スポーツの観戦が一般庶民にとっては気軽に手が出せない娯楽になりつつあるという負の現象を引き起こしているという批判も当然あります。スポーツはある種公共財であるという考え方も出来ますので、値段の設定は本当に難しいところです。




【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1306-c0af4035
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)