FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

日本一やさしいプロスポーツビジネスの仕組み解説(15):MLBで取り入れられているダイナミックプライシングとは

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1682日です。

前回まで
http://norimoto.blog46.fc2.com/blog-category-21.html

プロスポーツビジネスにおける4大収入のうちのチケットに関して書いています。今日はアメリカで取り入れられている、ダイナミックプライシング、という仕組みをご紹介します。

本来、チケット1席の価値は開催曜日、対戦相手、自分たちの順位などによって変わるはずです。それを旧来までは、S席4,000円、というような形で、1年を通して全試合全く同じ値段で売っていたわけです。ところが、アメリカのMLBでは、これらの条件を加味した、毎試合違う値段設定が行われています。各試合のチケットの値段はコンピュータによって計算されているようなのですが、ここはブラックボックスになっていて、どんな仕組みになっているのかは分からないようです。

これに似た仕組みは実は、楽天とソフトバンクも取り入れています。対戦相手や曜日によってチケット価格が変動しています。

このように、MLBではITの発達などにより、チケットの価格設定が細かに出来るようになり、それらを利用して最大限に売り上げを上げる努力をしています。




【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1310-f42c53aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)