2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学スポーツのビジネス化

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1543日です。

熊本気にしつつ。

大型連休皆様如何お過ごしですか?

さて、今日はスポーツ庁が大学スポーツのビジネス化に力をいれようとしているという動きに関して書きたいと思います。

日本版「NCAA」創設を検討 政府・与党 大学スポーツ統括機関
http://www.sankei.com/politics/news/160430/plt1604300007-n1.html


どんな仕組みを作ろうとしているのか全く分かりませんが、私はアメリカのNCAAの仕組みをそのまま日本に持ってくるのはかなり難しいのではないかと思っています。そう思う理由を何回かに分けて書いていきます。

まず、NCAAとはどんな組織なのか、簡単に振り返っておきます。NCAA(National Collegiate Athletic Association )は1910年に、前身の1906年に設立されたIntercollegiate Athletic Associationを引き継ぐ形で発足した組織です。全米体育協会と訳されるこの組織は、大学のスポーツクラブ間の連絡調整、管理など、さまざまな運営支援などを行います。このNCAAを中心とするアメリカ大学スポーツのビジネス規模が年商1兆1000億円にのぼっています。

また、フットボールとバスケを中心にテレビの人気コンテンツとなっていることから、日本でも大学スポーツをビジネス化出来ないかという議論があがっていると思われます。

現在、NCAAの傘下にあるスポーツは以下の23競技です。

Baseball
 Men's

Basketball
 Men's
 Women's

Bowling
 Women's

Boxing
 Men's

Cross Country
 Men's
 Women's

Fencing
 Men's and Women's

Field Hockey
 Women's

Football
 Men's

Golf
 Men's&Women's

Gymnastics
 Men's&Women's

Ice Hockey
 Men's&Women's

Lacrosse
 Men's&Women's

Rifle
 Men's and Women's

Rowing
 Women's

Skiing
 Men's and Women's

Soccer
 Men's&Women's

Softball
 Women's

Swimming and Diving
 Men's&Women's

Tennis
 Men's&Women's

Track and Field1
 Indoor
  Men's&Women's

 Outdoor
  Men's&Women's

Volleyball
 Indoor
  Men's&Women's

 Beach
  Women's

Water Polo
 Men's&Women's

Wrestling
 Men's

これを見て何か気付いた点はありませんか?

つづく




【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1452-7970a767
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。