2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学スポーツのビジネス化 2

どうも。オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで1536日です。

熊本気になります。

大学スポーツのビジネス化に関して、前回の続きです。
http://norimoto.blog46.fc2.com/blog-entry-1452.html


アメリカにおいて、NCAAが運営しているいわゆる体育会といわれる種目は23種目に過ぎません。この中から各大学が選んで運営しています。例えば、オレゴン大学のHPを見てみると、体育会として活動している部活は、男子が、バスケ、野球、クロスカントリー、フットボール、ゴルフ、テニス、陸上の7種目。女子がAcrobatics and Tumbling、バスケ、ビーチバレー、クロスカントリー、ゴルフ、ラクロス、サッカー、ソフトボール、テニス、陸上、バレーの11種目になります。

一方日本の大学の体育会数は幾つでしょうか?日体大のHPを見てみると、40種目にのぼります。(http://www.nittai.ac.jp/campuslife/club/index.html)他の大学も調べて頂ければ分かりますが、大体どこの大学も40以上の体育会種目があります。

アメリカと日本、一体誰が大学における体育会種目を決めているのでしょうか?

つづく



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】

スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1454-ef92a289
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。