2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜサポーター居残りが多発するのか?

千葉3連敗サポーター300人激怒「関塚監督を出せ」
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1676580.html

先日このような記事を目にしました。この様な事態はJリーグでは年に1度くらいは発生しているのではないでしょうか?この様なサポーターの行為の是非もあると思いますが、今回、別の視点から書きたいと思います。

この様な事態になってしまうのは、日本のメディアの在り方も影響しているのではないかと思います。本来、サポーターとの間に入ってクラブの責任を追及するのはメディアの役割なのではないでしょうか?メディアがしっかり取材して、監督や社長からも話を聞いて批判すべきは批判すべきなのではないでしょうか?それをしないから、サポーターが直接社長や監督と話をさせろ!という流れになってしまうのではないかと思います。

では、なぜ、メディアはチーム批判をしないのか?それは「出禁」になるのが怖いからです。出禁とは文字通り「出入り禁止」の事です。日本のスポーツでは、チームや団体にとって不利益になるような記事を書いた記者や媒体を呼び出して「出入り禁止にしますよ」と警告することがあります。当然、メディア側からしたら、出入り禁止になってしまっては取材が出来ない=仕事にならない、という状態ですからそれは避けたい。そうなると、批判記事を書くことが出来なくなってしまうのです。

この様なスポーツとメディアの関係は非常に不健全だと思います。経営者や監督にとって、確かに他人から批判されるのは気分の良いものではありません。しかし、メディアからの批判を真摯に受け止めて、批判の中に真実があれば、反省すべきは反省して改善していく姿勢を見せていくこと、それがスポーツ業界の発展にもつながっていくのではないでしょうか?

スポーツを文化にしていく、スポーツ業界を発展させていくには、メディアの力を借りなければなりません。そのためには、もちろん、メディアに沢山取り上げてもらう必要もありますが、沢山批判もしてもらって、改善が必要なものを改善していく必要があります。スポーツとメディアが良好な関係を構築していけるように双方の努力を期待したいと思います。




スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1492-dc845770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。