2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

そもそもスポーツで稼ぐって、どういうこと?

政府は日本のスポーツ産業を現在の5兆円産業から2025年までに15兆円産業にしようと旗を振っています。鈴木大地スポーツ庁長官も「スポーツで稼いでも良いという雰囲気作りをしていく」と常に話されています。

そもそも、なぜスポーツで稼がなくてはいけないのでしょうか。確かに日本のスポーツはまだまだ産業としての伸びしろが大きい有望な市場です。ただ、スポーツの産業化だけが目的となってしまうと色々なところで歪が生じて、議論がかみ合わなくなる可能性があります。

今までの日本のスポーツは「学校」「企業」「行政」「ボランティア」などに支えられてきたいわば「任意団体」でした。スポーツの持つ社会貢献的な意味合いと広告宣伝的な意味合いが強調されてきました。結果、スポーツそれ自身で稼ぐ必要性がなかったのです。ところが、今までスポーツを支えてきた社会的仕組みが時代の変化とともに機能しなくなってきました。そこで、スポーツが発展生成していくために自ら価値を創造して稼ぎ出す新しい仕組み作りが必要になってきたのです。

なぜ、スポーツがスポーツで稼ぐのか。それは、スポーツが自らの足で立てるようになる事、つまり自主自立を目指すことに他ならないのです。日本には未だ最大化出来ていないスポーツの価値が眠っています。これを掘り起こす事によりスポーツに再投資出来るようになります。その事が、結果的にスポーツの産業化に繋がり、国民の心身の健康につながります。それにより、雇用も生み出せますし、税金も支払うことが出来るようになるのです。

スポーツの自主自立を目指す、これこそがスポーツマネジメントの本質なのではないでしょうか。



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/1524-a778a590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad