FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポーツビジネス集中講座(2)

今週もスポーツビジネス講座に行ってきました。第2回目の今回は「スポーツビジネスの理想モデルとしてのNFL」というテーマで、立命館大学の種子田先生がお話ししてくださいました。

NFLは非常に成功しているスポーツビジネスのモデルだと言われています。その理由として、種子田先生はまず、「リーグ」と「チーム」と「労働組合(選手会)」、3者の関係が非常にうまく機能していることを挙げています。また、「集権」と「分権」をうまく使い分けているとも述べていました。つまり、NFLというリーグである程度の方向性の決定を行ったり、収益の分配を各チームにはするのだけれでも、その反面、各チームでもローカルにスポンサーを取ってきたりすることで各チームも繁栄することの出来るシステムです。

上記のようなシステムがいいような気は私もしていますが、これをどうやって日本でやるのか?となると、机上の空論のような気がします。Jリーグはまだしも、プロ野球となると・・・リーグが力を持つようになることは現状では不可能に近いのではないでしょうか?ならばどうするのか?とりあえずは個々のチームの自助努力ということになりますね。いっそのこと、bjリーグみたいに、どこかのチームが飛び出して、新しいリーグを作るという手もあるかも・・・これはかなり現実的だ!!

ちなみにNFLの放映権料は2013年まで1年平均約4,125億円です。MLBは今年までの契約で1年平均約500億円です。また、スーパーボールの30秒のコマーシャル一本の値段は何と約3億円です。我が社も来年くらいにだそうか、ね、社長。
スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/16-64779119
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)