FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

五輪ビジネス、マメ知識④ form 日経

現在日経で「五輪ビジネス、マメ知識」なるコーナーがありますので、転記ではありますが、皆さんと共有したいと思います。

五輪ビジネス、マメ知識 ④ネット配信が本格化(2月6日付け日経より)

バンクーバー五輪では、インターネットによる情報配信が従来なかった規模に広がりそうだ。まずNHKと民放大手が協議の動画配信を本格化。低迷するテレビ視聴率の底上げを図る。

五輪のテレビ中継の視聴率は40年ほど前までは平均30%程度だったが、冬季の過去2大会は1けたに低迷。今大会は不況で広告も集まりにくくなっている。テレビ各社は競技の動画をネット配信する権利を、通常のテレビ放映権とセットで取得済み。競技終了後速やかにダイジェスト版の映像をネットに無料で配信し、若い世代などにテレビ視聴を促す戦略だ。

放映権を持たないネット企業も自社サイトの集客に五輪を活用すべく知恵を絞っている。競技の動画は流せないが、情報を小刻みに発信する見にブログの普及など、文字や写真だけでも、ある程度臨場感を持たせられるようになった。

ヤフーは子会社が運営するスポーツ専門サイトの記者3~5人を現地に派遣。フィギュアスケートなど主要競技を対象に、短い文章で選手の動作や状況を「生中継」する。NECビッグローブはミニブログ「ツイッター」と連携、スポーツ選手の競技観戦記などを逐次配信してサイトの五輪コーナーの臨場感を高める。

以上、転記

こちらもツイッターですか。スポーツの放送は今後はどうなっていくのでしょうか?
スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/674-33f754b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)