FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

「スポーツ」と「社会」の接点を考えよう!

やっと、多少仕事が追いついてきました(苦笑)今年に入ってまともにブログを書いてませんでした。書籍発行に向けて頑張らねば。

さて、最近気にいっていて良く使うお話を今日はします。

それは、「社会」と「スポーツ」の接点というお話です。前にもここで書いたかもしれませんが、スポーツ業界に入りたい理由として、

「スポーツが好きだから」
「ずっとスポーツをやってきたから」
「スポーツで育ったから」
「スポーツに恩返しがしたいから」

などが多い例です。これらの理由には、全くと言っていいほどスポーツと社会との接点がありません。「自分」が好き、「自分」がやってきた、「自分」が育った。全て「自分」目線です。そうではなくて、「今のスポーツ業界はこうだから、こうしたい」とか、もっと大きく言うと「今の世の中はこうだから、スポーツでこうしたい」という社会との接点を持った志望理由を考えて行く必要があると思います。

逆を返すと、この辺の志望理由を述べられる人は、スポーツ業界が非常に近づいてくるのではないかと感じています。

これらの志望理由を考えるにあたり、「スポーツの価値とは何か」、それらの価値の中で自分はどの価値に興味を持っているのか、その価値を使って何をしたいのか、という事を考えて行く必要があります。

また、「今の世の中をスポーツによってよりよくしていきたい!」という志望理由もあります。例えば、「少子高齢化」、「過疎化」、「電力問題」など社会問題に対して、スポーツの価値を使ってどう取り組んでいくか。

この様に、スポーツと社会との接点を見つけて行き、そこから社会問題などを解決できると、多くの人にスポーツの価値を分かってもらえると思います。そうすると、スポーツの価値が向上するのだと思います。スポーツ好きの人がいくら「スポーツは素晴らしい!」と叫んだところで、一般の多くの人には響かない。自戒も込めて!

スポンサーサイト



テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/801-fb8dd841
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)