FC2ブログ

2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

本当に好きな事をして生きていく方法(2)

おはようございます!オリンピック・パラリンピックが東京に来るまで2059日です!

昨日は、「好きを仕事にするために必要な、たったひとつのシンプルなこと ウォンテッドリー仲暁子氏」というコラムを紹介させて頂きました。今日はその続きです。

昨日、紹介したジョブスの言葉の続きです。

「Only way to do great work is to love what you do. If you haven’t found it yet, keep looking. Don’t settle.」

このジョブスの言葉に注意してください。Only way to do great work となっています。「良い仕事をするためにはあなたがやっている事を愛しなさい」と言っています。決して、幸せに生きるためには、とは言っていません。幸せに生きるためにそもそも好きな事を仕事にする必要があるかどうかも良く考えた方が良いと思います。

もちろん仕事も人生の中では大きなウェイトを占める部分ですから、これを好きになれれば人生が豊かになる事は間違いありません。ただし、好きを仕事にしてない人が幸せでないかどうかは分かりません。例えば、旅行好きな人がいて、普段は旅行とは全く関係ない仕事をして、休日に旅行を満喫していて幸せな人がいます。こういう人はえてして仕事も楽しんでたりするのですが・・・

ここで言いたい事は、「好きな事を仕事に出来さえすれば幸せになれる」という幻想を捨てた方が良いという事です。

前にこんな事がありました。ある方に「何でスポーツ業界に行きたいの?」と聞いたら「サッカーやってる時が一番楽しいから」と返って来ました。私は思わず、「だったら、普通に働いて週末なりにサッカーしてる生活をしてれば良いよね?」と口に出してしまいました(笑)。

前に紹介した「「好きなことを仕事にするのが幸せ」は大きな間違い」というコラムの中でも「生産者と消費者のギャップは非常に大きい」と書かれていました。まさにこれだと思います。

スポーツで飯が食いたい!と思い立った人は、一旦生産者の側に立ってみて、どんなサービスや商品を誰にどの様に届けたいのか?という事を考えてみてください。参考文献は「スポーツ業界の歩き方」!



【著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://norimoto.blog46.fc2.com/tb.php/924-b0de83c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)