2020年までにスポーツを新たな産業の担い手にするためのブログ

日本のスポーツ界を発展させていきたい。そのためにはどうしたら良いのかを色々な角度から検証してみたい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そもそも99.5%の選手はプロ、オリンピアンにはなれない

そもそも99.5%の選手はプロ、オリンピアンにはなれない

日本のスポーツにお金を呼び込むために必要な4つの事。「する人を増やす」「観る人を増やす」「マネジメントの強化」「価値を提供し続ける」のうち、まずは「する人を増やす」について書きます。

まずは、子供の環境と大人の環境に分けて書いていきます。子供の環境を考えたとき、大前提となるのは99.5%の子は将来的にスポーツをプレーして飯を食えないということです。当然、プロやオリンピックを目指す子を選別していくような仕組みは必要だと思います。ただ、子供たち全員が、「プロになります!」「オリンピック行きます!」といってスポーツをしなくても良いでしょう。むしろ、そうでない人の人数の方が多いのですから、その人たち向けのサービス、仕組みを作るべきではないでしょうか?その方がマーケットも大きいからです。



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



スポーツにお金が入ってくるためには

何度も書いていることですが、もう一度書きます。スポーツは必ず世の中のためになると思っています。害になっていることもあると思いますが、その部分を改善していくことも含めて活動したいと思っています。そのスポーツの力がまだまだ日本の社会の中で発揮しきれてないと思います。それをもっともっと世の中に出していくにはどうすれば良いのか。それにはスポーツにお金が入ってくることが求められます。

では、スポーツにお金がより還元されるためには何をしたらよいのでしょうか?次の4つに集約されるのではないでしょうか。

する人を増やす
見る人を増やす
マネジメントを強化する
価値を提供し続ける

注目は「世界に通用する選手を育てる」が入っていないことです。確かに世界で活躍する選手が出てくると一時的にはお金が入ってくるかもしれません。ただ、それは単なるブームで終わってしまい、それだけではスポーツが発展しないことは過去の例からも明らかです。上記4つを徹底的に行うことにより、世界に通用するアスリートが生まれるのではないかと思っています。そして、上記が徹底されていれば、いざ世界で活躍できるアスリートが出てきたときに、それらを土台にブームで終わらせずに、その次に繋げて行けるのではないかと思います。



スポーツの求人やセミナー情報満載!SPORTS JOB NETWORK

著書:「スポーツ業界の歩き方」も好評発売中!】



書籍「スポーツ業界の歩き方」、出版の経緯

本を出しても、続けます!(笑)メルマガの第23号が発刊されました!

河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

第23号
目次:
1 書籍「スポーツ業界の歩き方」予約受付開始!
2 スポーツ業界の歩き方 ~スポーツで飯を食いたい人へのメッセージ 5~
3 安藤美姫とトヨタの関係
4 厳選!「気になる記事」
5 編集後記
6 Q&Aに関して

今回、出版の経緯を書いていますので、全文掲載します!



■ 書籍「スポーツ業界の歩き方」予約受付開始!

このブログでも取り上げていました、書籍が遂に完成しました!!アマゾンで予約可能なので、是非!




その名も「スポーツ業界の歩き方」です。このメルマガの今までの内容も改編して載せていますが、特に第3章はオリジナルで、2030年のスポーツで元気なある町の様子を描いています。

今回、出版に至った経緯をお伝えします。

起業して2・3年経った頃から、自分の考えをまとめて書籍にしたいという気持ちはありました。そこで、ブログを始めて、自分の考えをまとめていたのですが、何分、更新が頻繁に出来ませんでした。そこで、昨年の夏から、知り合いの勧めもあり、この有料メルマガを始める事にしました。有料であれば、2週間に一回必ず書かなければならないので(苦笑)

そして、昨年の冬にある交流会でぱる出版の方とお会いし、私の話に興味を持って頂き、あれよあれよという間に、出版に至った、というのが、簡単な経緯です。3月くらいから執筆に入り、約3ヵ月で書き上げました。ある程度、このメルマガやブログに考えを書いていたので助けになりましたが、全体としてまとめていく作業は大変でした。この辺りは、編集担当の方に大変お世話になりました。私のつたない日本語を読者の方に分かりやすいようにまとめて頂きました。

書き終わって、まだ伝えきれてない部分もあるような気もしますが、現時点では、出せるものは出せたのではないかと思っています。

当初、このメルマガは書籍発行の目的で始めたので、実はこのメルマガの発行意義も無くなったのですが、もちろん続けていきたいと思います!今後もスポーツ業界の現状などを発信し続けられればと思いますので、応援よろしくお願いいたします!




河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

書籍「スポーツ業界の歩き方」、アマゾンで予約受付開始!

このブログでもずっと言っていました、念願の書籍の発行が遂に実現しました!!その名も

「スポーツ業界の歩き方」




アマゾンで予約受付しておりますので、興味のある方は是非!

本当に多くの方にご協力を頂きまして、ここまで来ました。ありがとうございました!色々と思うところはありますが、まずは、ご報告まで!

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

スポーツ業界の歩き方 ~スポーツで飯を食いたい人へのメッセージ 2~

メルマガの第20号が発刊されました!

河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

第20号
目次:
1 スポーツ業界の歩き方 ~スポーツで飯を食いたい人へのメッセージ 2~
2 一人「ハドルブレイク」の勧め
3 男子バレー日本代表初の外国人監督に期待!
4 厳選!「気になる記事」
5 編集後記
6 Q&Aに関して

図書紹介の一部を紹介します!



■ スポーツ業界の歩き方 ~スポーツで飯を食いたい人へのメッセージ 2~

前回も少し書きましたが、スポーツで飯を食うために一番重要な事は「何がしたいのか」と「何が出来るのか」を明確にする事です。そして、これらの大前提となるのが、「知る事」です。

スポーツ業界と一言で言っても、色々な業種や職種があります。そのどこに興味を持っているのか?それぞれの現状はどうなっているのか?なぜそこに興味を持っているのか?それぞれの業種のビジネスの仕組み、問題点、今後の可能性は?

これらの事は、これだけネットも発達した世の中で、絶対に知る事が出来ます。関連書籍も多数あります。セミナーや講演会も多く開催されています。

とにかく、業界の事を知る、その中で自分がどこに興味を持っているのかを知る、という事が第一段階でしょう。この時は、なるべく広い視野でスポーツを捉えた方が良いと思います。

たまに見かけるのは、スポーツに関連する企業を探し出して、そこに行きたいと思いこむ方です。自分がやりたい事に対して、具体的な企業名は後から出てくるものだと私は思います。「私はこれがやりたい、そうであればこの企業か」という形です。前回も述べましたが、企業を探すことに一生懸命になってはいけません。

スポーツで飯を食うためにはまず、どんな仕事が存在しているのか知る必要があります。スポーツの仕事を以下の6つに分類してみます。・・・・

続きはメルマガで


河島徳基のスポーツ業界の歩き方
【価格】525円/月(1配信あたり約262円)
【発行周期】毎月 第2火曜日・第4火曜日(年末年始を除く)

http://www.mag2.com/m/0001564771.html

テーマ:スポーツビジネス&スポーツ文化 - ジャンル:スポーツ

前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。